チューナーの感想~!デジタル

そこでトゥルーバイパスのこちらに買い替えました。しっかりした作りですし!音や痩せの心配もほぼ気になりません。視認性も反応の速さも文句無しです。

1月17日 オススメ商品!

2017年01月17日 ランキング上位商品↑

デジタル チューナーKORG/デジタル チューナーPB-01【コルグ】

詳しくはこちら
 b y 楽 天

標準の"メーター"が一番使いやすそうですが。買って損は無いと思います。。トゥルーバイパスなもの高ポイント。唯一の欠点は!メーター部分の表面がつるつるしているので!上に蛍光灯があると!それが映りこんでメーターが見えなくなります。反応も早く、チューニングもしやすいです。お好みで4種類ある表示モードから選べます。価格もお手ごろですしね〜♪BOSS TU-2を使ってましたが!音やせがひどくヘナヘナなサウンドになってしまいました。欠点はそのくらいで、小型で軽く、チューニングもバッチシで概ね満足です。今までのチューナーの中では個人的にはベスト。後は見た目が気に入るかどうか…。色々な表示パターンはありますので、このみのモードに切替ができますが、個人的にはスタンダードなモードが一番しっくりきます。音はバッチリで太く厚いサウンドがでました。また「測定精度」も±1セントと!TU-2の±3セントに比べ正確なチューニングができ!コードが綺麗に響きます。ライブなどの暗い場所では問題ありませんが!スタジオなどの蛍光灯がたくさんあるところでは非常に見にくいです。DT-10と比べると音質劣化が少ない分、性能的には上を行くと思います。コンパクトながら見やすいディスプレイで扱いやすいです。また、ON-OFFを判断するLEDランプがスイッチのすぐ上にあり、スイッチを踏む時に丁度このランプが足で隠れてしまい電源が入ったかどうかがわかりません。カチっという感覚と音が消えた事!メーターが動く事を見てスイッチが入ったと判断していますが!このLEDランプが上のほうにあったらよかったのにと思いました(TU-2は一番上にあります)。