読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リットルのセット価格も「驚き」の納得価格~!

TVドラマ「1リットルの涙」の原作本です。これからの生き方について!真剣に考えさせられた自分にとって大きな文庫本となりました。切ない気持ちになりました。

コスパがいい♪

2017年02月08日 ランキング上位商品↑

リットル1リットルの涙 [ 木藤亜也 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

難病であるだけにもっと多くの人にも知ってもらいたいです。そして、彼女の感じた健常者の心無い悪気のない傷つく言葉など、とにかくリアルに・・・母の愛情もたくさん感じました。 最後に一言!亜矢さんにこう言いたい。亜矢さんの絶対に負けない。しかし!小説(文)としては!ちょっと読みにくい感じはしました。映画もドラマも見ていませんが、感動する内容だと聞いていたので購入しました。DVDを見て、原作も読んで見たくなりました。単行本は、売り切れだったので、文庫本を注文しました。自分の生き方を考えさせられる内容です。ドラマは、途中からしか見てなかったので、わからなかった亜也さんの現実を、垣間見た思いです。。ドラマの影響で購入しました。自分が同じ立場になったとき!果たしてあのような前向きな爽やかな文章が書けるかしら…。5倍は嬉しいですね。僕はいつも大泣きしています!プールいっぱいくらい涙がたまりそう・・・ってくらいの勢いのドラマですね(>_<)最近では、亜也(沢尻エリカちゃん)と麻生(錦戸亮くん)がかなり、いや、相当お互いがお互いを意識するようになってますね。(←私は!登録するのを忘れたので!ポイントは!そのまま。どうしても!人の日記を読んでることになるので!仕方がないのでしょうが!今何処に彼女がいるのか?あの時のあの人はどうしたの?のような疑問が残ってしまいました。母が同じ病気になり!その姿とダブルところがあり!病気と戦う本人や家族の思いなども思い返しながら読ませていただきました。 あきらめないで!そこにあるごくわずかな幸せを感じることは!なかなか出来ることではありません。。2006年1月31日までは!期間限定で!送料が無料!また!12月29日9:59までの期間中!楽天ブックスおよび楽天ダウンロードで支払い方法に「ポイント決済」を(一部利用でも!全部利用でも)利用すると!通常獲得するポイントが2倍になります。その亜矢さんはドラマの中でも本の中でも!誰よりも!どんな偉い人よりもキラキラと輝いていました。所々違うところもありましたが!1つ分かったことがあるました。。世の中悲しい事件や!小さなことで揉めたり。とってもリアルな少女の苦難を身近に感じました。ああ、残念!)家にいながら、無料で本が届けられる上に、ポイント分だけ割引してもらえる計算。自分が悩んでいる事やコンプレックスがでんなにちっぽけで小さな物だったのか、と痛感してしまいました。TVで感動し、ぜひ友人にもと購入しました。そして、命ある限り一生懸命生き続けなきゃいけないと教えられたでしょう。。亜矢さんは、ただ生きることだけを求め続けて、一生懸命生きていました。本当に辛い時の日記がないようにも(書けなかったのかな!?)感じました。まず最初に!亜也ちゃんの書いた1リットルの涙から読み始めました。いのちのハードルも一緒に購入しました。よくある泣ける小説とは違って!ヒロインの「日記」を文庫化した本という事でヒロインの想いや感情がストレートに伝わってきます。もし、自分が亜也ちゃんと同じ病気になったら生きてはいけない、そんなに強くなれない、本当にすごいなって思いました。治らない病気と知って、私だったらあきらめてしまうでしょう。「亜矢さんは!すごくまっすぐに!ただますっぐに生きている」ということです。これ読まずして涙するべからず!良い作品です!ドラマの最終回の終わり方が納得出来ず,原作の事を知りたくて購入しました。みていてうれしい気分になります(^o^)彼が今後どう係わって!どう変わっていくのか!楽しみです。ドラマは美しく終わりすぎですね・・・今!放送されているドラマを見て!原作を読んでみたいと思い!お母さんの手記の!『いのちのハードル』とセットで買いました。!!!!!今更ですが!昔見たドラマがよかったので!脚色されていない真実を知りたいと思い購入を決めました。お母さんになる方に読んでいただきたいです。。そして恐怖。もっと大切なことがあると教えてくれる本です。。「ありがとう」読みました。最後は医者を目指すんでしょうか?これからもあんな風に「普段のまま」の麻生君が最高ですね(笑)次回も楽しみです(*^_^*)何度キャンセルされたでしょうか・・・読むの楽しみです。育児とかで悩んだりしていた自分が恥ずかしくもなり!頑張って生きていこうって素直に思えました。非常に健気です。頭がしっかりしてる分!彼女の辛さは想像を絶していたと思います。ドラマも本も両方見ました。と思う強い心はきっと!この本を読んだすべての人に分かると思います。ただ、感動する文庫本ではなくて、いろんな面で考えさせられる文庫本だと思います。申し訳ないけれど!ドラマを見るまでこの病名すら知りませんでした・・・ツライはずなのに!苦しいはずなのに!頑張った亜也さん。。「今!生きている時間を大切にしたい」と思います。心の叫びと!強く生きたい!!と思う心が伝わり。。1リットルの涙という小説を買いました!!ほとんどというか!絶対ドラマの影響です(^o^)このドラマと本でいったいどれくらいの人が泣いてるんでしょうか。実際に読んでみると、途中からボロボロと涙が流れて、鼻水も止まらない状態になってしまいました。。お正月に読んでみたい本を!楽天市場で購入!というのもいいかも!!話題の本です!子供には読ませたいい本でした。この本に出会えてよかったです。心が強くないから。普通の元気だった女の子が、突然、難病にかかり、次第に体が不自由になっていき、どんどん出来ないことが増えていく苦しみ。少し悲しいけど将来に夢と希望を抱いた少女が、どんどん体が動かなくなっていくなんて、非常に残酷な病気です。